育ての親Q & A

里親認定書は必要ですか?
 →必ず必要というわけではありません。
しかし児童相談所からの斡旋ですと、養子縁組が決まるまで毎月養育費の支給があったり、費用の面で随分差があります。
自治体によっては特別養子縁組を行っている場合もありますので、一度はお話しを聞きに行くことをお勧めします。
 
すでに養子を迎えているのですが、二人目の斡旋は可能ですか?
 →特別養子縁組は児童の福祉のための制度です。兄弟姉妹のいる環境や、実績のある養  親が悪いはずはありません。もちろん可能です。ただし実子がおられる方のあっせんは、基本的にお断りしております。
 
実親との面会はありますか?
 →実親、養親双方の同意があれば可能です。ただしトラブルの報告もありますので、  連絡先の交換は一切禁止させていただきます。
 
障がいがある子どもでも、絶対引き取らないとダメですか?
 →はい。当団体では出来るだけご自身が出産するのと同じ環境でマッチングを行いたいと思っています。当団体のルールに賛同できない方は、登録をご辞退下さい。
 
子どもを迎えるにあたり、仕事は辞めなければなりませんか?
→ 児童相談所や他のあっせん団体では、共働きそのものを禁止するところが多いですが、STORK SUPPORTでは、共働き禁止は時代に合わないと考えます。
また、養子縁組先進国では共働きを禁止するなんてことはありません。とはいうものの、里子に育児休暇をいただける企業はほとんどありません。
場合によっては退職を余儀なくされることもありますので、1年ほどはお仕事ができないことを、覚悟だけはしておいてください。
また、幼児あっせんの場合は子どもと向き合うことが必要とされるため、退職をお願いすることがあります。
 
費用はいつ、どのくらいかかりますか?
 →①まず、養親説明会に5千円。
  ②その後環境調査と育児指導のため訪問時に1万5千円と交通費。
  ③マッチング成立し、契約時に預り金20万円
  ④病院に迎えに来ていただいたときに入院費の支払い。
  ⑤同居後に1ヶ月ほどしたら、ご自宅に訪問し養育の状況を確認します。
   この時に申し立ての指導(今後の対応費込み⑴3万円)も行いますが、
   ご希望の場合は弁護士を紹介できます。(⑵20万円〜)
   ※⑴と⑵は選択
   その後、妊婦健診や交通費など出産に関わる費用(マッチング時に詳細はお知らせします)と
   特別養子縁組にかかる負担金88万円
   (負担金100万円税別から、預かり金20万円を差し引いた額)
   委託後の相談支援のため、訪問する際に交通費実費
 
   平均すると全部で150万円程度、ご用意いただくことになります。