養子縁組手続き方法、手順(養親希望者)

ストークサポートでは、特別養子縁組が定められた民法817条をもとに、養子縁組の手続きを進めていきます。
 
 ①育ての親希望者フォームよりご連絡
      ↓
 ②あっせん基準を満たしているか確認
      ↓
 ③説明用冊子と申込書、詳しい調査票を郵送(1回目無料)。記入後半年以内にご返送。
  書類審査(ここであっせん申し込みをされるかは自由です。他団体との掛け持ち可。登録料なし。)
      ↓
 ④説明会に参加(新横浜や、新大阪で行います。参加費5千円/夫婦)
   第一次面接
      ↓
 ⑤所得証明や健康診断書の提出
      ↓
 ⑥環境調査、育児指導(ご自宅を訪問いたします。調査費用は交通費の実費と人件費など1万5千円後日振込)
   第二次面接
      ↓
 ⑦出産予定日約1か月〜数日前に児童の紹介
      ↓
 契約。受け入れが決まりますと、あっせんまでにかかった費用など、前払い金20万円をご入金いただきます。
      ↓
 ⑨出産約5日後、退院時に産院にて引き渡し(当日出産費用を産院にお支払いください。金額はケースにより異なります。)
      ↓
 ⑩家庭訪問。同居後1ヶ月ほどしたら、ご自宅に訪問し養育の状況を確認します。この時に申し立ての指導(今後の対応費込み⑴3万円)も行いますが、ご希望の場合は弁護士をご紹介できます。(⑵20万円から)※⑴と⑵は選択
      ↓
 ⑪申し立て。残りの負担金88万円と、検診費用などケースにかかった費用、⑩の申し立て費用交通費を1ヶ月以内に振込にてお支払い。
約1年度に審判が決定するまで定期連絡。※担当保育士が一人付きますのでご安心ください。月1回助産師相談会、養親会も開催。
      ↓
 ⑫その他必要に応じて家庭訪問など。
(費用は交通費の実費。これでかかる費用は最後です。通常は計150万円前後ご負担いただいております)
 
自治体の里親認定をお持ちでない場合、④の説明会後にストークサポートでの研修が必要です。(費用1万円/夫婦)
 
※以上が基本的な流れになります。紹介される児童の時期や条件は様々ですが、細かく詳細は明示しますのでご安心ください。
 
また、あっせん後も寄付や謝礼は受け付けいたしません。